無料IT研修

インフラエンジニアコース(GEEK JOB)の研修内容【取材情報あり】

GEEK JOBインフラエンジニアコース

GEEK JOB(ギークジョブ)は「インフラエンジニア養成研修」を開講しています。

ネットワーク/サーバ構築研修から内定までの就職活動が無料という破格のサービス!

2018年1月より新設されたばかりの新しいコースのため、まだ詳しいサービス内容をご存知ない方が多いと思います。公式サイトを見るだけでは分かりづらいと感じる点が多くあると感じたため、GEEK JOBさんに取材にご協力いただき、本記事で内容をさらに詳しくまとめることにしました

  • どのように学習を進めるのか
  • どんなことを学習するのか
  • GEEK JOBならではの特徴は?

など、具体的な特徴まで分かるようにしてみます。本当にこれで無料なのか!?と怪しく感じてしまうレベルでスゴいスクールですよ!

〜要点を簡潔にまとめると〜

GEEK JOBインフラコースは、

  1. サーバ・ネットワーク・データベース、全て学習してオールマイティなインフラエンジニアを目指せる
  2. テキストでの勉強だけでなく、実機構築する経験を積める
  3. いまや常識と言える「クラウド」技術まで学べる

ネットワークだけ or サーバだけにかたよることなく、インフラ系全般に知見のあるエンジニアになるための学習ができるのがGEEK JOB最大の特徴

GEEK JOBの受講風景

GEEK JOBの研修風景実際にプログラマコースを受講しました。

研修所はこんな感じの様子です。席がほとんど埋まっていますね。

2018年5月時点でプログラマコースを合わせて92名の受講生がいるとのことでした。そのうちインフラエンジニアコースの受講生は2割ほど。インフラエンジニアコースは2018年1月から始まったばかりなので、プログラマコースと比べるとまだ少なめのようです。

GEEK JOBインフラエンジニアコースの受講形式

個別学習形式で、通学が必須となります。

個別学習とは?

講師が喋って受講生が聞く、という授業スタイルが一切ありません

  • GEEK JOBオリジナルのWebテキストと動画を読み進め、課題として実機構築を進めとにかく手を動かしていく。
  • 分からないことがあれば、研修施設に待機している講師に質問して解決していく。

このようなスタイルで能動的に学習を進めていきます。

  • エンジニアとして必須能力となる「自己解決力」を高める
  • 周りの受講生の進度を気にすることなくガンガン進めることができる

週にどの程度通学する?

授業があるようなクラス制のスクールとは異なり、柔軟なスケジュールで通学することができます。

メンターさんと調整して決める=割りと自由

まず、受講をスタートさせる一番最初にGEEK JOBのメンターと相談してスケジュールを決めます。

だいたい週10〜30時間の通学学習時間を確保できるようにスケジュールを組みます。

GEEK JOB公式サイトには、以下のような通学例が記載されていますね。

GEEK JOBスケジュール

働きながら転職を目指す人など平日に時間が確保できない方でも利用できるよう配慮されており、以下の特徴があります。

  • 23時まで開校している(土日は23時まで)
  • 土日も開校している(祝日のみ休校)
開校時間の変更あり

2018年9月13日 追記:
今までは平日は23時まで開校していましたが、2018年10月1日より平日も土日と同様に21時まで開校に変更となります。

期間は、最短3週間〜最長3ヶ月間となります。

最短を目指す人は通えるだけ通い尽くすことができますし、時間をかけてじっくり学習したい人にも対応してくれます。

講師に質問はいつできる?

授業がない代わりに「わからないことがある度に、講師に質問して確認する」というスタイルを採用しているGEEK JOBの研修。気になるのは「何時から何時まで質問に対応してくれるのか?」「家で学習中に疑問が沸いたらどうするのか?」という点ではないでしょうか。

質問可能な時間帯

平日 10時〜23時、土日 10時〜21時
※2018/10/1より平日も21時に変更

この間ならGEEK JOB講師が研修施設で常に待機しているため、質問できます。

家で学習中に疑問が出てきたら?

ChatWork(チャットワーク)というオンラインチャットツールで質問が可能です。

質問可能な時間は上記と同様で10時〜23時(土日は21時)。
※2018/10/1より平日も21時に変更

未経験者でも絶対に挫折させない環境があるので安心してください。

▼毎週火・水・土曜13時から

≫ 無料体験へ登録してみる

GEEK JOBインフラエンジニアコースの学習内容

IT業界やPCの操作方法など、基礎中の基礎からスタート

もし「パソコンなんてレポート作成で使った程度、あとはGoogle検索くらい」といった感じの初心者の方でも心配いりません。

GEEK JOBのインフラエンジニアコースは、そもそもIT初心者であること前提でカリキュラムが組まれています

いきなり技術的なことから始まってついていけなくなる、なんてことはありませんのでご安心ください。

ネットワーク、サーバ、データベースに関する座学

「ITインフラ」として欠かせない「ネットワーク」「サーバ」「データベース」を学習します。

これ、何がスゴイって、ネットワークもサーバもデータベースも全て満遍なく勉強する点です。よくあるのは、インフラエンジニアになれると言っておきながらサーバばっかり勉強させられたりするのですが、GEEK JOBは違います。全部やります。

ネットワーク分野だけをやるエンジニアをネットワークエンジニア、サーバ分野だけだとサーバエンジニア、データベース分野だとデータベースエンジニアという肩書になりますが、GEEK JOBを卒業することでその全ての分野に一定以上の知見がある=価値があるインフラエンジニアとして活躍することができます!

Webサーバ + ネットワークを実際に構築

インフラエンジニアの勉強方法には、本などから知識をインプットする方法と、ネットワーク機器やサーバ機器などの”実機環境”を使ってアウトプットする方法があるのですが、実機を使ったアウトプットをすることが最も確実なスキルアップにつながります

GEEK JOBでは、簡単なWebページが表示できるWebサーバに加えてネットワークまで一人で構築するところまで経験を積めるのです。データベースの設定なんかも含めてやります。

GEEK JOBの実機環境研修所の実機環境。ネットワーク機器まであるのは驚き!
GEEK JOBインフラエンジニアコース
ギークジョブのインフラエンジニアコースカリキュラムのネットワーク実機テスト中の一枚。

実は、この「インフラ構築の経験を研修で積める」というのはあなたの今後のキャリアにとってとても重要なこと!

構築経験があることで、入社後に下流工程の「運用監視」ではなく上流工程の「設計構築」業務から始めることも可能

ネットワーク/サーバの運用監視という業務は、一言でいえば「電話番にエンジニアの毛が生えた」程度です。障害が起きたらアラームが鳴って各所に電話で通知するだけ。

「自分の技術力をもってして何かを作り出す」ということを一切しないため、いつまで経っても技術力は身に付きません

独学でやって、もしくは「未経験歓迎」の求人に応募してインフラエンジニアを目指すのはやめて、絶対にインフラ構築の研修が可能なスクールに、時間が許す限り通い詰めてください。

GEEK JOBインフラエンジニアコースの特徴は?

最先端「クラウド技術」までカリキュラム範囲

GEEK JOBのインフラエンジニアコース

GEEK JOB最大の特徴・メリットが、最先端技術まで学習するカリキュラム

Amazon Web Service(AWS)Microsoft Azureといったクラウドサービスがインフラエンジニアの扱う技術の中でも常識となりつつあります。今は何のことかさっぱり分からないと思いますが、インフラエンジニアは今後これら「クラウド」の概念をしっかりと理解し使いこなせる必要があります。

これら「クラウド」技術は概念があまりに抽象的であり、なかなか理解することが難しいと思います。しかし、そういったまだ独学では難しい技術をいくらでも質問可能な講師のいる環境で学習できることがGEEK JOBの大きなメリットになります。

ネットワークやサーバの基礎を教えるITスクールは他にもありますが、クラウドまで教えるところは他に知りません。

個人学習ゆえに柔軟

今すぐにでも就職をしないといけない・・・
研修で時間をかけてじっくりと学習し、とにかく知識と経験を出来るだけ積んで就職を有利にしたい。

このように、受講する方それぞれ事情が様々だと思います。

集団で授業をしないために周りの受講生と足並みを揃える必要がないので、あなたの事情に合わせた学習の進め方が可能となります

早く就職しないといけない方は、可能な限り通学時間を詰め込み、最短3週間での就職を目指す。

時間のある方は、3ヵ月間じっくりと実機構築まで経験を積み、少しでも条件の良い就職を成功させる。

GEEK JOBのメンターとしっかりと相談してみてください。

まとめ

再度、簡潔にGEEK JOBのインフラエンジニアコースをまとめてみます。

GEEK JOBのメリット
  1. 個別学習スタイルで、働きながらでも柔軟に通うことができる
  2. ネットワーク/サーバ/データベース、インフラ技術全般を実機でしっかり学習できる
  3. 「クラウド」最新技術の基礎までカバーしている
  4. 内定までの就活サポートも万全

特に、2, 3点目が強いです。ここで完全に他のスクールとの差別化をはかろうとしていますね。

正直、なんで僕がエンジニアとして就職する時期(2012年頃)にGEEK JOBのインフラエンジニアコースがなかったんだ!と嘆きたいくらいです。。

様々な広い分野の知識を持てることはエンジニアにとって非常に重要なことです。

  • 未経験だからこそ、基礎から先端技術まで集中学習して挽回したい!
  • 実機構築の経験をしっかり積んで、エンジニアとしてのキャリアを有利にしたい!

こんな志を持つあなたはぜひ、GEEK JOBからキャリアを始めることをおすすめします!

▼毎週火・水・土曜13時から

≫ 無料体験へ今すぐ登録