無料IT研修

ニート/フリーターでもGEEK JOBなら成果を出せる、そのワケ

GEEK JOBとニートフリーター

「ニート、フリーターだけどこれから心機一転、エンジニアとしてIT業界に飛び込んでみたい。失敗・挫折は、絶対にしたくない。」

そんな風に思っている方に、本記事ではGEEK JOB/ギークジョブというプログラミングスクールをおススメします。

おススメする理由を端的に言うと、GEEK JOBなら

  1. 意思が弱くなりがちなニート/フリーターでも新しく始めたこと(=プログラミング学習)を継続できる仕組みが働く
  2. ニート/フリーター特有の「空白期間」という弱みに困ることがない

からです。

もちろん受講開始から就職サポートまで、全て無料です!

ちなみにこの記事を書いている僕自身、GEEK JOBのプログラミング研修を受講したので「無料体験を受けただけ」「評判をネット上から集めただけ」の方が紹介する記事よりは信頼性はあるかな、と思っています。

ニート/フリーター脱出のために解決すべき2つの問題

僕は23才で就職活動もしないまま大学を卒業し、1年間ニートをしていたことがあります。

25才になろうかというところで「そろそろヤバイな」と思い孤独に就活を始めたのですが、とある2つの壁にブチ当たりました。

  1. 「やろう」と決めた”決意”が持続しない。途中で諦めたくなる・・・
  2. 履歴書で突き付けられる「空白期間」の現実に自信がなくなる

1年引きこもったことで怠けグセ・諦めグセがついてしまい、そのしっぺ返しがきたんですね。

特に「ものごとを継続できない問題」は、何とかして排除しないとヤバイです。

ニート/フリーターという精神的余裕のない状態で「せっかく決めたことをやりきれなかった」という経験は、次に踏み出すステップをさらに重くし負のスパイラルにおちいってしまうからです。

そんな問題を絶対回避するために、役立つのがGEEK JOB。

GEEK JOBであれば「決めたことをやりきれる自分」に強制的に変えていくことができる仕組みがある、というわけです。

GEEK JOBは、”約束”をする

ライザップに通うと痩せられる理由

ライザップというパーソナルトレーニングジムがありますよね。

一人でダイエットをするより、パーソナルトレーナーに見てもらいながらトレーニングをしたほうが、継続できます。継続した結果、「痩せる」という成果も出しやすいです。

その理由は「知識を持ったプロがついてくれる」という単純なものだけではありません。

成果が出せる一番大きな要因は「自分自身と、自分以外の他人に約束する」ということ。

わざわざジムに通い、トレーナーと一緒に目標体重までのカリキュラム、スケジュールを立てる。それを、自分以外にも管理してもらう。

「自分と他人に”痩せます”と約束した」という状況になると、人は「行かなきゃ・やらなきゃ」という思いから何とか継続しようとします

そして、継続するうちにそれが日常の一部になっていくんですね。

GEEK JOBは、トレーニングをプログラミング学習&就職活動に置き換えたイメージです。

GEEK JOBに通学 + メンターのサポートで「継続力」を後押し

ここからは実際に僕が体験した話になっていきます。

GEEK JOBでは、まず最初に通学した際に自分担当のメンターさんと一緒にスケジュールを立てました。

メンターというのは、GEEK JOBで受講生の学習・就活両面を支援してくれる担当者さんのことです

ギークジョブの説明会僕の担当になっていただいた小山さん
GEEK JOB/ギークジョブ受講した時に作成したスケジュール一部

「集団まとめてヨーイドン、遅れた人は自力で頑張って」のクラス制ではないので、自分専用のスケジュールになります。

このように目標を書き出しメンターさんと共有することで、いきなりの独学では難しい「やり通すぞ」という約束が立つわけです。

週3〜5日通学することになっていますが、アルバイトなどの事情があってもこまかく調整してもらえます

定期的にメンターさんと進捗の確認をし合うので、ぶっちゃけあとはこのスケジュール決め通りに淡々と進めていくだけです

教室に行ったら勉強するしかないし、自分の他に同じようにエンジニアを目指している受講生がいて気が引き締まるし、スケジュール管理を一緒にしてくれる人がいる。

これが継続できる仕組みです。自分以外に、ほどよく自分に圧力・制限をかけてくれる存在をうまく利用しましょう。

そんな環境に身を置き、1日一日と過ごすうちに「学習すること」が当たり前になっていくはず。「怠けていた自分」とおさらばです。

GEEK JOBでニート/フリーターの就活も楽に

ニート/フリーターのように「空白期間」ができてしまうと怖いのが、就職活動で準備する履歴書でした。

ちょっと想像してみてください。

「これまでの経歴と、自己アピールを書いてください」と言われてすぐに用紙が埋められるでしょうか?

おそらく、10人いたら10人全員がつまずくのでは。

ですが、これも安心してOKです。

GEEK JOBのメンターさんがうまい具合に書けるように手伝ってもらえるので、空白部分の表現だったり自己アピールで詰まる部分はアドバイス通りに書き上げていくだけです。

企業面接のロールプレイングもやってくれるので、いきなり面接本番で喋れず、なんてこともありません。

これで、第2の壁「就職活動」も乗り切るのが圧倒的に楽になります!

一人で学習も就活も全部やるとキツすぎるので、頼れるところは全部GEEK JOBのメンターさんを頼ってしまいましょう。

まとめ:ニート/フリーターから一発逆転を狙おう

「これから働いて稼ぎたい」と思っているあなたがエンジニアという職業に目をつけたのは大きなチャンスなので、そのまま突っ走ってみることをおススメします

他の職業につくくらいなら、まずはエンジニアになってみてから考えればOKです。それくらい、今ITエンジニアという職業はアツい( = 儲かる)ので。

どうせなら、可能性の大きい領域から攻略していきましょう。

GEEK JOBのカリキュラムを終える頃には、「プログラミング学習を継続できて、つまずくことなくエンジニアとして就職できた」という自己肯定感が湧いてきているはず。

そうしたら、あとは経験を積んでさらにレベルの高いところへ転職するなりフリーランスエンジニアになって高級取りになるなり、

▼公式サイトへ

まずは無料登録してみる ≫