IT未経験

監視オペレーターを辞めたい人は今すぐプログラマに転職すべき

監視オペレータを辞めたい人へ

「日勤、夜勤の不規則な生活はキツイ」

「監視とはいえエンジニアって名のつく仕事してるけど、ぶっちゃけ電話番みたいなもんじゃね?」

「このままじゃ、なんのスキルも身につかないまま時間だけ過ぎてくんじゃね?」

ネットワーク・サーバ監視の仕事を続けていると、こんなことをぼんやり考えてしまうことがありませんか?

僕自身、2015年半ばくらいまで3年半ほどネットワーク監視の仕事をしていたことがあるのでなんとなくいろんなことが不安だった毎日をありありと思い出せます。

暇すぎる夜勤は、同シフト帯の人同士で愚痴りあってネガティブな考え事ばかりしてしまったり。

逆に仮眠も取れないほど忙しい夜勤は、終わって帰っている最中に「なんでこんな仕事してんだ・・・」と自分が情けなくなったり。

今は、監視の仕事はとうに辞め、プログラミングを仕事にしています。作られたものを監視するのではなくものづくりをする側に回りました。

「正直もう今のシステム監視の仕事は限界で辞めたい」と思っている方。

キツイ。
つまらない。
給料が上がる未来が見えない。

そんな不安を抱えている今のあなたへ、もっとクリエイティブな世界へと環境を変えてみようよ、という提案をしてみようと思います。

監視オペレーターを辞めたい人へ。もう辞めていいよ

監視オペレータを辞めたいなら

体・心をぶっ壊すからもう夜勤のオペレーターは辞めよう

本来眠る時間であるはずの真夜中に働くという体に対する物理攻撃。本来眠る時間であるはずの真夜中に働かされている劣等感という精神攻撃。

このダブルアタックが心身をむしばみます。

夜勤で少し暇になった時にこんなことを思ったことはありませんか?

「自分、こんなとこでなにやってんだろ・・・?」
「このままこんなとこで働き続けて将来どうなっちゃうんだろ・・・?」

しかし、このように疑問に思ううちはまだあなたの感覚は正常です。

危険なのは「まぁ、当分はこのままでいいかな」と思い始めてきてしまうこと。それはもう完全に心も体もやられてしまった後です。

辞めたいと心のどこかで思っているなら、取り返しがつかなくなる前に、辞めましょう。

監視オペレーターは”誰でも出来る”からもう辞めよう

マニュアル化された障害対応を行う。マニュアル化された電話の文句を喋る。何か対応できないことがあればマネージャーにエスカレーション。

それだけの繰り返し。

こんな感じで、システム監視の仕事は誰がやっても一定の同じクオリティで仕事が完了させられるように仕組まれるべき仕事なので「全てマニュアル化されていてつまらない」というのは「あるべき仕事の姿」です。

自分の判断、創意工夫、そんなものは排除されるべき業界と言いますか、そうでなくてはいけません。

ポジティブに考えるなら、あなたが明日から現場にいなくなっても回る仕事なのです。

そう考えると気楽になってきませんか?

責任のある仕事をしたいという人もいますが、全く責任がない仕事というのは辞めるのも簡単、気軽で良いもんですよ。

辞めたいなら、辞めましょう。

全く悪いことじゃないです。

すぐ世の中からなくなる仕事だから辞めよう

辞めなかったとしても、近い将来必ずなくなる仕事と言われているのが人力で監視しているようなシステム監視の仕事です。

今までは、システム障害が発生したら修復対応をしましたが、これからは「AIの力で障害が発生する前に障害が発生しそうな箇所を事前に発見し修復しておく」という未来になっていくそうです。

さすがに修復作業をするのは人間になると思いますが、少なくともアラート監視をするのは人間じゃなくなりますね。

若いうちは「これも経験だ」と割り切ることもできますが、年齢を重ねるにつれシステム監視の仕事は「レベルの低い経験」と見なされて不利になってしまいます。

過去を振り返ってみて「こんなはずじゃなかったのに・・・」と後悔するのが目に見えているので、もう潮時、辞めてしまいましょう。

クリエイティブなプログラマに転職すべき【実体験】

監視からプログラマーへ転職

とはいえ今すぐ辞めたとしても、次をどうするか?の問題がありますよね。

「監視オペレーター辞めるとしても何をしたらいいのさ?」という疑問に1つの提案をします。

今の監視オペレーターの仕事を辞めるために、挑戦してみてほしいことが1つ。

『プログラミング学習を今すぐ始めて、辞める準備を整えよう』

これだけです。

「エンジニアはもういいっす・・・」という人には参考にならないかもしれませんが、システム監視オペをやったくらいでエンジニアをやった気になるのは早過ぎるとも思ってます。

ぜひ、もっとIT業界の楽しい部分、可能性を知ってほしい。

プログラミングは目に見えて動くのが楽しい

僕がネットワーク・サーバ監視の仕事をしていた時に思っていたことがあります。

ネットワークとかサーバって、ぶっちゃけ何がどう動いてんのか具体的に見えないからよくわからん!ってこと。

たとえば、ルーターにtelnet接続してshow log見てエラーログを読んでも、まぁ書いてあることはググって理解できたとしても「・・・で?」っていう感じ。

プログラミングは自分で書いたコードが、画面に表示されて動きます。

僕は「なんでプログラミングの勉強をせずにネットワーク監視の仕事から始めちゃったかな・・・」とちょっと後悔しているくらいです。

単純に仕事が楽しい。1週間のうち5日は働くのが人生なので、仕事が楽しいっていうのはかなり重要なことだと僕は考えてます

単純に、稼げるポテンシャルがスゴイ

とはいえ、プログラミングは誰もがもっているスキルではありません。

もう少し正確に言うと、世間の大多数の人が「プログラミングなんて一部のコンピュータ専門家が身につけるものでとても難しいもの」と思われているため「誰もが身につけられるスキルではない」というイメージが世間にある、という感じです。

そのイメージに反して、今の時代ではプログラミングを学習し身につけることは簡単です。このギャップがチャンスなんですね。

おそらくあなたの周りにも、プログラミングをやって生計を立てている人は少ないのではないでしょうか?

それにも関わらず、日々の生活にはどんどんとIT化が進んでいきます。家の洗濯機すらスマホから操作できるプログラムが動いているくらいです。

つまり、プログラミングができる人がそんなにいないのに、需要ばかりが膨らんでいる状態なのでプログラマの給料は高くなります。

いやほんと、監視オペレーターなんていう将来性が無いのが見えてる仕事をしている場合じゃないですよ!

楽しいですよ!しかも稼げますよ!とか詐欺の常套句みたいですが、今はこれが当たり前の流れになってきているわけです。

働きながら通学できる無料のプログラミングスクールを活用しよう

辞めたいなら辞めよう!と言い続けてきましたが、かといって今すぐスッパリと会社を辞める → プログラミングの勉強だけに専念、というのはダメです。

嫌になってしまった監視の仕事でも、適当にやっていれば毎月安定的にお給料がもらえます。毎月ぼーっと通勤するだけで給料が発生するという事実は思った以上に大きな精神安定剤になります

辞めてしまい、無給状態で未知の分野の学習をしないといけないプレッシャー・ストレスは、それこそ精神が病んでしまう危険性があります。本末転倒。

今の給料はもらいつつ、安全に次へ移るための準備を進めるのです。

かといって、日勤・夜勤と不規則な勤務を続けながらプログラミングスキルを身につけられるのか?というと、それも簡単なことではないのも事実。

勉強を独学で始めてみたとしても、結局は9割の人が「やっぱりまだいいかな・・・」と志なかばで折れてしまい、もとの生活に戻っていってしまいます。

そこでおススメするのが、無料でプログラミング研修と就職支援をしてくれるプログラミングスクールを使うことです

僕自身も、無料プログラミングスクールへ3ヶ月通学してプログラマへ転職しました。

GEEK JOB/ギークジョブを圧倒的におすすめ

僕はGEEK JOB/ギークジョブ ≫という無料プログラミングスクールをおすすめしています。

ギークジョブの評判

GEEK JOBの良いところは、挙げようとするとたくさんあります。

  1. 無料でプログラミング研修のカリキュラムを受けられる(言語をJava, PHP, Rubyから選べる)
  2. 無料で通学して学習スペースを使える
  3. オンライン・対面で現役エンジニア講師に質問できる
  4. 無料で就職サポートをしてくれる
  5. 通学スケジュールも個人の自由。働きながら無理なく通学できる

「教室に通学することで強制的に学習する環境に身を置く=継続できる」
「現役講師がいるから分からないことで挫折しない=継続できる」

この2つは独学では絶対に手に入れることができないプログラミング初学者の大きなメリットです。

とにかく、プログラミング学習初期は「もう何がなんだかわかんねーーー!」っていう挫折への誘惑が異常なくらい強いです。そんな時にすぐ近くに聞ける人がいるだけでその心配をなくすことができます。

自宅学習中でも、こんな感じでチャットでの質問ができます。(チャットワークというビジネスチャットツールを使います)

GEEK JOBの評判

正直、無料でここまで丁寧な学習サポートをしてくれるのはGEEK JOBくらいだと思います。

GEEK JOBのQ&A

Q. 週に何回通学しないといけないの?
研修が始まると、週3回ほど通学することになります。平日・土日も21時まで開講しているし、あなたの勤務日程に合わせて通学スケジュールを柔軟に設定することができるのが無料スクールとは思えない。

Q. どれくらいの期間通学するの?
最短3週間、最長で3ヶ月間です。最短で1ヶ月を切れるというのがGEEK JOBのウリの一つですね。

Q. オンラインのみで受講はできる?
通学はNGです。東京の九段下教室、または四ツ谷教室に通学できることが受講の前提です。
公式サイトで教室の場所を見てみる ≫

ガチで受講から転職内定まで無料なのが助かる

実は後から料金を請求されるとか、教材を別で買わされるとかないので安心してください。

教室への通学のための交通費以外、1円も払うことはないです。

なぜ無料かというと、受講生を採用した企業側がGEEK JOBに紹介料を支払う、というシステムだから。僕ら受講生は全く気にする必要ナシです。

通学して、プログラミングスキルを身につけて、転職活動して、内定して、今の仕事を辞めて、新生活が始まる。これがタダ。

今の監視の仕事にうんざりしていて、今の時代はこういう無料でスキル習得可能なスクールまである。

いまこそ、動くときじゃないですか?

今すぐ辞める必要はない。働きながら準備をして、希望を持って辞めよう

繰り返しますが、今の業務が嫌だからといって即辞めるのはNGです。

でも、そのままシステム監視の仕事を嫌々続けることに意味はありません。適当に働きつつ、準備を進めましょう。

GEEK JOBは無料プログラミング体験を週3回ペースで開催しているので、まずはそれに参加してみることから始めてみてください。

実際に通学する教室で開かれますし、受講生がいる中で行われる無料体験なので自分が受講したらどんな感じかをイメージできます。

なにより「よっしゃ、新しいことにチャレンジしてみますか!」というモチベーションが上がってくることは間違いないです

今監視オペレーターを辞めたい、もう続けたくない、と悩んでいるなら何をそれ以上悩むことがあるでしょうか?

1ヶ月後、半年後、1年後。このまま何もせず「まぁまだいいか」と妥協して過ごしてしまっているあなた自身を想像してみてください。

「もっと早く始めてればなぁ・・・」と後悔していそうな自分を想像してしまった?

であれば答えは1つ。

とにかくまずは今すぐ動け!動いてから考えろ!やることはこれだけで、とてもシンプルです。

早く始めたもの勝ちの世界だ、ということだけは忘れずに。

▼たった1分で完了!

無料体験の登録から始める ≫